トヨタレンタリース奈良

お電話でのご予約(8:00~20:00 年中無休)

フリーコール:0800-7000-111

ウェルキャブ専用:0800-7000-294

カーリースのご説明

カーリースとは

カーリースは、月々一定のお支払いでクルマをお使いいただけるシステムです。
クルマを資産として所有しないことで、一時払いの負担や、税金資産計上の必要もなく、車両を継続的に保有する場合に必要な税金や、代替などで発生する経費を予定する必要はありません。

リース満了後の予定残存価値を差し引いて、リース料を算定しています

車両価格

OA機器などに代表される一般のリースでは、ほぼその資産価値を全額償却する前提でリース料が算定されています。カーリースの場合は、あらかじめ中古車予想価格にあたる「予定残存価格」を差し引いてからリース料を設定します。したがって、合理的なリース料の算定といえます。

■リース料金の計算方法

すべての費用から予定残存価格を差し引いた「リース料総額」をリース月数で割ったものが月額のリース料になります。ご契約の車種・契約内容によって実際のリース料は異なります。

■リース期間の設定

リース期間は一般的に「3~5年」が主流となっています。リースは契約途中で期間の変更や解約ができないことになっておりますので、お客様のご都合に合った期間をあらかじめご検討ください。

カーリースのメリットがより顕著に出る「メンテナンスリースシステム」

カーリースでは「ファイナンスリースシステム」の他にクルマを快適に利用できるすべてをパッケージした「メンテナンスリースシステム」をご用意しております。トヨタレンタリースではカーリースを利用するメリットがより顕著に出ることから、「メンテナンスリースシステム」をお勧めしています。

メンテナンスリースシステム クルマを快適利用できるすべてがパッケージされています

社有車がほしい、でもめんどうなことはどうも苦手。
そんなときはトヨタレンタリースの「メンテナンスリースシステム」にお任せください。車両のメンテナンスから、給油コスト等の管理業務や、事故処理のサポートもパッケージング。クルマのプロであるトヨタならではの、まさに総合的なカーリースシステムです。

メンテナンスリースシステムのメリット

トヨタならではの安心と信頼・きめ細やかな車両管理

全国約1,300名の営業スタッフと、全国約5,000カ所のサービス拠点(トヨタテクノショップ等)がバックアップ。
メンテナンスの手配に時間を費やす必要がありません。※2006年7月末現在

主な代行項目

テクノショップ等の手配、日程調整 点検・修理費の支払い 車検整備費の支払い
納税証明書の準備 代車の手配 タイヤ・オイル・バッテリー等の交換

万一に備える安心システムで事故処理のわずらわしさを軽減

万一の事故処理や故障にも、トヨタレンタリースが24時間対応します。

主な代行項目

保険会社との打ち合わせ 保険金請求の手続き 代車手配
事故車の修理先の手配、日程調整

わずらわしい車両関係の経理業務を大幅に削減

給油の精算・管理から、車両の管理業務や事務処理もトヨタレンタリースがサポートします。

主な代行項目

支払伝票の起票、集計(車両代、自動車諸税、保険料、点検修理費) 減価償却の計算
維持・管理費の集計 固定資産としての管理 車両の売却、廃棄処理
自動車リサイクル法、預託金管理

<< カーリーストップへもどる